Made in Japan Handmade Lure fishing gear
ハンドメイドルアー販売
ハンドメイドルアー工房
ハンドメイドルアー仕入れ

ハンドメイドルアーを使っている人は、いつかは自分でも作りたくなるものです
ここでは、実際にハンドメイドルアーに仕様している物を紹介していきます
リンク切れ等もあると思いますが、商品名なので検索して辿り付いて下さい

ルアー・メタルジグ 転写・ホットスタンプに付いて
一部の材料や貼り方はコチラで紹介している通りですが転写用パットが重要です
オススメは
コチラの食品用型取りシリコン
2000と言うタイプがお勧めです、耐熱性能と柔らかさが絶妙なので一押しです


メタルジグを作るなら当然!
コチラの耐熱シリコン
が必要になる
旭化成のシリコンは種類が豊富なうえに、硬化剤が同じなので使い回しが出来る
異なる品番の物と混ぜ!硬さや伸びの調節も出来るので
旭化成 一択で良い。


ハンドピース・エアブラシのオススメは!
もちろん!私はイロイロと使いましたよ仕事ですから
価格や使い勝手を考えればコレしかない!
スプレーワークHGエアーブラシ
大切な事は塗料のカップが外せる事!
ルアー作りでは、少量の塗料を何色も使うので、ハンドピース内の塗料洗浄を頻繁に行います
その時に、カップが外せる事は洗浄用シンナーの節約にもなります
また!重力式が良いですね(^_^)
重たい顔料等を使う事も多いですからね

ルアーに使うワイヤー・ステン硬線
ホームセンターにあるロールのピアノ線等は「ネジレ」があるのでオススメしません
素直に釣り用のステン硬線を買いましょう
渓流ミノー等は0.8
メタルジグなどは1.0
ルアーのワイヤーをキレイに曲げたいなら、専用のプライヤーも必要になる
長く使うなら其れなりの物は用意しよう
ループプライヤー
但し!ループプライヤーで加工できるのは1.4mm程度までだと考えた方が良い

簡単な動画ですがyoutubeに動画がアップされています
短い動画の中に色々なヒントもあります
リクエストがあれが、動画での説明を増やして行きますね(^_^)

塗料・シンナー
塗料はその辺のホビー店にあるので一先ず後回しですがシンナーは大切ですよ
オススメはコレ
道具の洗浄や塗料の希釈にも使える「当たり前じゃん!」とか思ってる人もいるだろうが
もう少し安いのも在るのですが、匂いがモーレツに強かったり、不純物が多くて
塗料の希釈には不向きだったりします

クリアーコート・ルアーコーティング
個人的な作品であればアクセルウレタンの200で良いと感じます
コスパは悪いですが、私が公開した「かけ流し方」
でロスは最小限ですし、保管方法次第で長持ちしますよ

車両用の2液タイプは、ルアーに使うものとしては強度に難ありなんですよ(^_^;)
但し!2液ウレタンのシンナーは、1液タイプの希釈に使えるけどね!

それと!大きな間違えが広まっている様なので記載しておきます
アクセルウレタンの200の保管を、シンナーを加えて行う方法があるようですが
間違えですよ(^_^;)
塗料全体に、湿気が入ってしまい硬化速度が早くなります

使う量を取って!直ぐにフタを閉める!逆さにして冷蔵庫!

   
   


   



DeDe初のメタルジグ登場!

ゆったりスイミング!北海道釣りを楽しむ為のメタルジグF:stage



ジグミノーの血脈を継ぐ!スイミングモデルのメタルジグR:stage



ハンドメイドジグミノー Deg16の紹介 DeDeルアー
60mmクラスの小型ジグミノーとは思えない圧倒的な飛距離と軽快な泳ぎ
北海道のアメマス用ルアーとして開発されたのがDeg16
海・川・湖を問わず、すべてのフィールドを制覇できる万能ルアーです



サクラマス用 ハンドメイドジグミノーDeg26
ターゲットはサクラマス!ショアからのサクラマスを釣るために開発されたのがDeg26です。
海サクラの短いシーズンを確実な釣果で泳ぎきる北海道使用のジグミノーです



ダウンクロスルアー トラウトルアー ハンドメイド
北海道の重く早い川の流れからニジマスなどのネイティブトラウトを誘い出すために
作り込まれたダウンクロスルアーDe55!バルサ材の圧倒的なバランスで55mmの
小型ミノーでありながら北海道の本流をしっかりと泳ぎきるトラウト用
ハンドメイドルアーです。チュラルなフラッシュ効果を演出するマイラーチューブ貼り



ハンドメイド 虫ルアー Demi
これで釣るから面白い!ほっとけ釣法からリトリーブモデルまで見た目もカワイイ虫ルアー!
雑誌にも紹介されたセミルアーDemiも好評販売中!




Made in Japan Handmade Lure fishing gear